賃貸不動産 敷金 礼金礼金 賃料 管理費 共益費

賃貸物件の不動再投資を行う場合、オーナーとして、建物や部屋の管理と運営を行っていく必要があります
建物の修繕、清掃といった「建物維持管理」と、入居者の入退去や賃料徴収などの「賃貸運営管理」があります。

スポンサードリンク

賃貸物件を運営していく場合は、、周辺の同じような物件を調査し、相場に見合った賃貸条件を設定することが必要です。
賃貸借契約では、金銭に関する事項を明記する必要があります。
どのようなものがあるか、順に見ていきましょう。

1.賃料

新たに賃料を設定する場合、周辺の類似物件の賃料や、立地、周辺環境などを元に、貸主が決めることになっています。

2.管理費、共益費

賃料と分けて徴収する、もしくは賃料に含む、どちらかで徴収する場合がほとんどです。

3.敷金

賃借人が、退去時に未払いの賃料がある場合は敷金を充当したりします。
また、建物を賃借人が壊してしまった場合にも、敷金から費用を差し引きます。
残った残金を、賃借人に返還するようになっています。

4.礼金

「オーナーさん、貸してくれてありがとう」のお礼のお金です。
一般的に、返却されることはありません。最近では礼金をとらないところも増えてきました。

5.権利金

賃料を一括して前払いする場合、権利金扱いになります。
こちらも一般的に返金されません。

6.保証金

元々はビルの建設協力金という扱いで、一定期間で返されるものでした。
現在は、敷金と同じような扱いです。

7.仲介料

賃貸契約に際して、仲介業者に入ってもらった場合、その業者に支払う報酬のことです。

基本は上記のものですが、賃借人の火災リスクに備えて、火災保険にはいることを必須にする場合がほとんどです。
また、首都圏においては、敷金・礼金が家賃の2か月分、が一般的ですね。

関西圏では、首都圏よりも敷金・礼金が高いぶん、家の契約更新がない、期間が長い、などのところもあります。
礼金1ヶ月といった、一般の慣習とは違う業者もありますや、敷引き方式をとっている地域もあります。

地域や慣習によって相場も全く異なりますので、不動産投資の前には、きちんとした調査が必要です。
トラブルを起こさないように、適切な賃貸条件を決めるようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不動産投資には知識が必要
人間の生活は、「衣・食・住」で成り立っています。 そのひとつを担うのが、不動産で......
不動産投資で土地の有効活用
不動産投資は、不動産を有効に使うための一つの方法だといえます。 安定した収入の確......
不動産購入諸費用 仲介手数料 印紙税 保証料 保険料
不動産投資で現物の不動産を購入するとき、諸費用が必要なことも忘れてはいけません。......
不動産の建物別用途
不動産投資で建物を扱う場合、建物の種類によって、収益性や安定性は変わってきます。......
都市計画法と都市計画区域
不動産投資を行う前に、必要な法律の確認はできていますか? 不動産に関わる法律は実......
不動産 都市計画法と地域地区
不動産投資で不動産を購入したり維持したりする場合、実に様々な法律が関わってきます......
不動産価格 実勢価格 公示価格 基準値価格
不動産投資をする方にとって、気がかりなことはいくつもあると思いますが、一番の関心......
不動産購入の前には調査!
不動産の投資を行う前には、実に様々な調査が必要になってきます。 たとえば、物件が......
登記簿謄本と不動産登記
人に名前や住所があるのと同じように、建物や土地のも、「登記簿」という住民票のよう......
賃貸物件 原状回復と敷金トラブル
売買だけでなく、賃貸物件の経営も、不動産投資のひとつですね。 この不動産の賃貸経......
投資用マンション販売の悪質商法
不動産投資というのは、かかる金額が大きい分、うまくいった時の利益も大きいものです......
不動産購入の手順
不動産投資の前の様々な調査を念入りに行い、物件を買おう!となると、以後いくつかの......
不動産契約 契約解除と手付金
不動産の売買契約をするときに、買主が売主へ渡すお金を「手付金」といいます。 「こ......
不動産売買契約書 危険負担 ローン特約
不動産の契約が終わり、後は引渡しを待つだけ。 そんなときに建物に雷が落ちて、火災......
欠陥建物?【瑕疵担保責任】
ついに念願のマイホームを購入。 引っ越しも終わり、リビングでくつろいでいると、な......
不動産投資信託REITなら少額でスタート
不動産投資を始めようと思っても、現物を買ったり建てたりするところから始めると、大......
金融危機の原因サブプライムローン
現在の金融危機の原因といわれているのが、アメリカのサブプライムローンですね。 ニ......
中国と不動産投資バブル
2008年に開催された北京オリンピック。 中国のめざましい経済成長が、世界中から......
建ぺい率 容積率は不動産投資の前にチェック
100坪の土地には建築面積100坪の建物が建てられるでしょうか? 答えは、用途地......
不動産の法律【建築基準法】
不動産投資を行う方には、建築基準法は知識のひとつとして必須であるといえます。 何......
不動産投資の前に用途地域確認
用途地域という言葉をご存じでしょうか? 不動産投資をしようとお考えなら、ぜひとも......
道路による建築制限
不動産投資を行う際、物件ばかりを見てしまいがちですが、道路も大変重要な要素のひと......
土地の有効活用 事業受託方式 土地信託方式
土地をお持ちの方は、不動産投資についてお考えの方も多いと思います。 ただ、どうや......

▲このページのトップへ