登記簿謄本と不動産登記

人に名前や住所があるのと同じように、建物や土地のも、「登記簿」という住民票のようなものがあります。

スポンサードリンク

土地や建物の概要、どんなところに建っていて、広さはどのくらいで、いつ建てられたか、などが載っています。
法務局には、土地や建物の登記簿と、付属の地図などが置かれています。

不動産投資をするにあたり、登記は必ず覚えておかなければいけないことです。
どのようなものか、把握しておきましょう。

土地の数え方は「一筆」といいます。
その土地一筆、建物一個ごとに、それぞれ別々の登記簿があります。
不動産投資をするときは、土地や建物の場所や面積、誰の持ち物で、抵当権などは入っているのか、確認しなければいけません。

不動産登記簿に載っている事項としては一部ですがこのようなものがあります。

・所在、地番・・・住所のことです。実際の住居表示とは違う場合もあります。

・地目・・・宅地や山林、農地、など、その土地がどんな目的の土地なのかが書いてあります。全部で21種類あります。

・地積・・・土地の面積のことです。実際の面積とは異なる場合も多々ありますので、現場は必ずチェックしましょう。

・登記の原因、日付・・・分筆したのか(土地を分割したのか)、開発したのかなど、登記した理由と日付が載っています。

建物の場合は、上記のほかに、建物の種類や構造(鉄筋コンクリート5階建て、という具合に)床面積、などが書かれています。

そして、登記簿には土地や建物の概要を示した「表題部」と、抵当権などの内容を示した「権利部」の2つがあります。
表題部に関する登記を「表示登記」、権利部に関する登記を「権利登記」といいます。

権利部は2つに分かれています。
甲区と乙区の2つで、甲区は、所有権に関すること(誰が所有権を持っているか、誰から誰に移ったかなど)が書かれています。
乙区には、抵当権や賃借権、根抵当権などが記されています。

不動産登記簿を見たいときは、不動産のある場所を管轄している法務局や出張所に行けば、見ることができます。
実際に登記を行う場合は、面倒な手間や時間がかかりますので、司法書士などにお願いすることもあります。
自分で行う場合は、いろいろと準備が必要ですので、流れなども把握するようにしましょう。

不動産投資を行うときには、こういった登記簿にのっている事項と、現物の両方を確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不動産投資には知識が必要
人間の生活は、「衣・食・住」で成り立っています。 そのひとつを担うのが、不動産で......
不動産投資で土地の有効活用
不動産投資は、不動産を有効に使うための一つの方法だといえます。 安定した収入の確......
不動産購入諸費用 仲介手数料 印紙税 保証料 保険料
不動産投資で現物の不動産を購入するとき、諸費用が必要なことも忘れてはいけません。......
不動産の建物別用途
不動産投資で建物を扱う場合、建物の種類によって、収益性や安定性は変わってきます。......
都市計画法と都市計画区域
不動産投資を行う前に、必要な法律の確認はできていますか? 不動産に関わる法律は実......
不動産 都市計画法と地域地区
不動産投資で不動産を購入したり維持したりする場合、実に様々な法律が関わってきます......
不動産価格 実勢価格 公示価格 基準値価格
不動産投資をする方にとって、気がかりなことはいくつもあると思いますが、一番の関心......
不動産購入の前には調査!
不動産の投資を行う前には、実に様々な調査が必要になってきます。 たとえば、物件が......
賃貸不動産 敷金 礼金礼金 賃料 管理費 共益費
賃貸物件の不動再投資を行う場合、オーナーとして、建物や部屋の管理と運営を行ってい......
賃貸物件 原状回復と敷金トラブル
売買だけでなく、賃貸物件の経営も、不動産投資のひとつですね。 この不動産の賃貸経......
投資用マンション販売の悪質商法
不動産投資というのは、かかる金額が大きい分、うまくいった時の利益も大きいものです......
不動産購入の手順
不動産投資の前の様々な調査を念入りに行い、物件を買おう!となると、以後いくつかの......
不動産契約 契約解除と手付金
不動産の売買契約をするときに、買主が売主へ渡すお金を「手付金」といいます。 「こ......
不動産売買契約書 危険負担 ローン特約
不動産の契約が終わり、後は引渡しを待つだけ。 そんなときに建物に雷が落ちて、火災......
欠陥建物?【瑕疵担保責任】
ついに念願のマイホームを購入。 引っ越しも終わり、リビングでくつろいでいると、な......
不動産投資信託REITなら少額でスタート
不動産投資を始めようと思っても、現物を買ったり建てたりするところから始めると、大......
金融危機の原因サブプライムローン
現在の金融危機の原因といわれているのが、アメリカのサブプライムローンですね。 ニ......
中国と不動産投資バブル
2008年に開催された北京オリンピック。 中国のめざましい経済成長が、世界中から......
建ぺい率 容積率は不動産投資の前にチェック
100坪の土地には建築面積100坪の建物が建てられるでしょうか? 答えは、用途地......
不動産の法律【建築基準法】
不動産投資を行う方には、建築基準法は知識のひとつとして必須であるといえます。 何......
不動産投資の前に用途地域確認
用途地域という言葉をご存じでしょうか? 不動産投資をしようとお考えなら、ぜひとも......
道路による建築制限
不動産投資を行う際、物件ばかりを見てしまいがちですが、道路も大変重要な要素のひと......
土地の有効活用 事業受託方式 土地信託方式
土地をお持ちの方は、不動産投資についてお考えの方も多いと思います。 ただ、どうや......

▲このページのトップへ