都市計画法と都市計画区域

不動産投資を行う前に、必要な法律の確認はできていますか?
不動産に関わる法律は実に様々で、都市計画法や借地借家法、建築基準法、農地法など、種類は多岐に渡ります。

スポンサードリンク

法律を守らなければ、どれだけ素晴らしい建物を建てても、意味がありません。
後で慌てないよう、今からしっかりと知識をたくわえていきましょう。

まず、都市計画法についてです。
都市計画法とは、都市部における土地の利用の制限、建築の制限などを定めている法律です。

何も規制がなければ、みんなが自由に建物を建てていいことになってしまい、秩序のある街はできませんよね。
このようなことのないように、街づくり計画を守りましょう、という法律なのです。

この中には、都市計画区域の指定、市街化区域・市街化調整区域、準都市計画区域、地域地区、開発許可制度といった大きな規制が定められています。

都市計画区域とは、都道府県が原則定めることになっています。
都市の自然や環境、人口や産業、など、あらゆる状況をふまえ、全体としてまとまりのある都市にするために規制の設けられた区域を指します。
この都市計画区域は、市街化区域・市街化調整区域・非線引都市計画区域の3つに分類されています。

【市街化区域】

すでに市街化されている区域、または、これから10年以内に市街化しようと計画されている区域のことです。

【市街化調整区域】

市街化を抑制、禁止する区域です。
原則、建物を建てたりすることはできません。
市街化調整区域の土地が売買されている場合、広告などには必ず「市街化調整区域のため、建築はできません」と明記されていると思いますので、確認しましょう。

【非線引区域】

区域区分のない、市街化区域でも調整区域でもない地区を指します。

市街化区域内と非線引都市計画区域には、必ず道路、公園、下水道を作ることが義務付けられています。
このような都市計画区域は、日本の国土全体の4分の1を占めていて、人口の9割がそこに住んでいます。
残りは、山地や森林、河川ということになります。

都市計画区域以外でも、無計画な乱開発が行われては困ります。
こういった場所は、準都市計画区域と定められています。
市町村が定めることができ、様々な制限を決めることができるようになっています。

不動産投資の前には、必ずこういった知識も身につけて、的確な判断を行うようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不動産投資には知識が必要
人間の生活は、「衣・食・住」で成り立っています。 そのひとつを担うのが、不動産で......
不動産投資で土地の有効活用
不動産投資は、不動産を有効に使うための一つの方法だといえます。 安定した収入の確......
不動産購入諸費用 仲介手数料 印紙税 保証料 保険料
不動産投資で現物の不動産を購入するとき、諸費用が必要なことも忘れてはいけません。......
不動産の建物別用途
不動産投資で建物を扱う場合、建物の種類によって、収益性や安定性は変わってきます。......
不動産 都市計画法と地域地区
不動産投資で不動産を購入したり維持したりする場合、実に様々な法律が関わってきます......
不動産価格 実勢価格 公示価格 基準値価格
不動産投資をする方にとって、気がかりなことはいくつもあると思いますが、一番の関心......
不動産購入の前には調査!
不動産の投資を行う前には、実に様々な調査が必要になってきます。 たとえば、物件が......
登記簿謄本と不動産登記
人に名前や住所があるのと同じように、建物や土地のも、「登記簿」という住民票のよう......
賃貸不動産 敷金 礼金礼金 賃料 管理費 共益費
賃貸物件の不動再投資を行う場合、オーナーとして、建物や部屋の管理と運営を行ってい......
賃貸物件 原状回復と敷金トラブル
売買だけでなく、賃貸物件の経営も、不動産投資のひとつですね。 この不動産の賃貸経......
投資用マンション販売の悪質商法
不動産投資というのは、かかる金額が大きい分、うまくいった時の利益も大きいものです......
不動産購入の手順
不動産投資の前の様々な調査を念入りに行い、物件を買おう!となると、以後いくつかの......
不動産契約 契約解除と手付金
不動産の売買契約をするときに、買主が売主へ渡すお金を「手付金」といいます。 「こ......
不動産売買契約書 危険負担 ローン特約
不動産の契約が終わり、後は引渡しを待つだけ。 そんなときに建物に雷が落ちて、火災......
欠陥建物?【瑕疵担保責任】
ついに念願のマイホームを購入。 引っ越しも終わり、リビングでくつろいでいると、な......
不動産投資信託REITなら少額でスタート
不動産投資を始めようと思っても、現物を買ったり建てたりするところから始めると、大......
金融危機の原因サブプライムローン
現在の金融危機の原因といわれているのが、アメリカのサブプライムローンですね。 ニ......
中国と不動産投資バブル
2008年に開催された北京オリンピック。 中国のめざましい経済成長が、世界中から......
建ぺい率 容積率は不動産投資の前にチェック
100坪の土地には建築面積100坪の建物が建てられるでしょうか? 答えは、用途地......
不動産の法律【建築基準法】
不動産投資を行う方には、建築基準法は知識のひとつとして必須であるといえます。 何......
不動産投資の前に用途地域確認
用途地域という言葉をご存じでしょうか? 不動産投資をしようとお考えなら、ぜひとも......
道路による建築制限
不動産投資を行う際、物件ばかりを見てしまいがちですが、道路も大変重要な要素のひと......
土地の有効活用 事業受託方式 土地信託方式
土地をお持ちの方は、不動産投資についてお考えの方も多いと思います。 ただ、どうや......

▲このページのトップへ