CFD取引は、最近登場した金融商品として、注目を集めています。
CFD取引とは、いったいどのような商品なのでしょうか。

スポンサードリンク

CFD取引

Contract For Differenceの頭文字から名付けられたCFD取引は、差金決済と日本でいわれています。

CFD取引は、金融派生商品(デリバティブ)の一種であり、口座を1つ持てば、金融商品に連動しているいくつもの取引ができます。

金融商品を比較して選ぶときに、まず口座を複数管理しなくても始められるので、スタートしやすいのではないでしょうか。

CFD取引ができる金融商品には、日本の株式はもちろんのこと、世界中の株式や株価指数先物、ETFなどを比較しながらでも行うことが可能です。

日本時間が深夜でも、NY証券取引所などといった海外市場でなら、日中と同様に取引が可能ですし、CME(GLOBEX)のように取引時間帯が24時間という市場もありますので、ご自身の生活スタイルに合ったものを比較して選んでください。

CFD取引の取り扱いがあるひまわり証券では、5,000ものCFD取引可能な銘柄から比較取引をすることができます。

CFD取引は、外国為替証拠金取引のFXと同様に、証拠金取引が使えます。

ひまわり証券では、最大レバレッジが20倍ですので、元手が5万円という場合は、100万円分のCFD取引が可能というわけです。

金額が少なくても、高額取引ができるということになります。

オリックス証券やひまわり証券では、デモツールの無料利用サービスが行われています。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

CFD取引比較:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://toushi.f122.com/CFD2/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。