証券CFDの特徴 ,スワップ金利

証券CFDの特徴には、「スワップ金利」が受け取れるというメリットがあります。

スポンサードリンク

スワップ金利とは、2種類の異なる通貨を売り買いするときに、発生する金利差のことを指します。

オーストラリアドル円を用いてスワップ金利を説明すると、現在1オーストラリアドル(豪ドル)=100円の場合、100万円の資金で1万豪ドルを購入するとします。

金利は、豪ドルが7%、日本円が0.5%だと仮定します。

為替では、1万豪ドルは100万円ですが、日本円のままで1年間置いておくと、100万円×0.5%の金利=5千円の利益が発生します。

豪ドルを、同じ資金の100万円に変えて1年間置いておけば、1万豪ドル×7%の金利=1万7百豪ドルの利益になり、1年後も同じ1ドル=100円であると、107万円に相当します。

金利差が、7万-5千=6万5千円もの、大きな開きが金額に出てしまうのです。

スワップ金利とは、このときに発生する6万5千円にあたります。

スワップ金利は、まとめての支給ではなく、毎日受け取れますので、上の例を1年間ずっと1豪ドル=100円として単純計算すると、6万5千円÷365日=178円を毎日もらえます。

FXが普及した背景には、このインカムゲインがあったとされており、これが証券CFDでも活用できるのです。

証券CFDでは、高金利の通貨を円で買い、そのお金で証券CFD取引をすることで、スワップ金利が利益となります。

証券CFDは、スワップ金利と空売りなどがあることから、弱気相場でも強いのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

FXの次に来る証券CFD
「証券CFD」という、新しい取引が登場しつつあります。 証券CFDは、現在若い人......
証券CFD(Contract For Difference)
証券CFDという用語は、まだ一般的に浸透していませんが、かならずブレイクするとい......
海外でメジャーな証券CFD
証券CFDは、日本国内でこそまだまだ知られていませんが、海外の投資家たちのあいだ......
証券CFD金融商品 ポストFX
証券CFDという金融商品は、実際にどういった特徴があり、どのようなメリットがある......
証券CFD金融商品 空売り
証券CFDには、不況におちいっていても利益を出すことが可能な、「空売り」という金......
証券CFD金融商品の特徴
証券CFDを知っている日本人はまだまだ少数派なので、海外ではメジャーだといっても......
証券CFD銘柄 日本は225 外国は4000
証券CFDの取引では、どういった銘柄があるのでしょう。 日本国内の銘柄は、まだあ......
証券CFD銘柄 日経225,電気機器,建設,商品
証券CFDで取引できる日本の銘柄数は、225銘柄が存在します。 株式投資をされて......
証券CFD銘柄 化学,機械,鉄,造船
証券CFDの取引ができる日本の銘柄は、日経225の銘柄です。 証券CFDをはじめ......
証券CFD銘柄 自動車,証券会社,不動産,保険
証券CFDで取引可能な銘柄、日経225のうち、有名でかつ親近感が湧くメーカーに、......
証券CFD銘柄 交通,情報,サービス
証券CFDで取引できる銘柄の中には、交通関係の分野も多数含まれます。 鉄道やバス......
証券CFD銘柄 電気,ガス,商社
証券CFDで取引ができる銘柄には、電気・ガスといった関連会社も含まれています。 ......
証券CFD取引の時間帯は24時間
投資家が、日本の銘柄の株取引を行える時間帯は、一般的には国内にある証券取引所が開......
証券CFD取引の時間帯 銘柄の国
証券CFDの取引は、日本国内の銘柄ばかりでなく、外国の銘柄を取引することも増える......
証券CFD取引の時間帯 アメリカ
アメリカの銘柄を、証券CFDで取引したいときには、時間帯はいつなのでしょう。 証......

▲このページのトップへ