ひまわり証券で証券CFD取引 手数料




ひまわり証券では、証券CFDの損益計算を、詳細に説明されています。

説明内容は、証券CFDの実例に基づいて行われているので、分かりやすいものになっています。

証券CFDの取扱い例を、みていきましょう。

証券CFDで株取引を行う、「株式CFD」の損益計算です。

差損益金額を出す計算式は、「株数×(売値−買値)±金利−手数料」です。

株取引で、実際に売り買いした株価を、「売値」と「買値」に当てはめます。

「金利」は、売りスタートでは受け取れ、買いスタートならば支払うものであり、低金利の日本では、受け取れないケースもあるとのことです。

「手数料」は、「ミニマムチケットフィー」とも呼ばれ、取引金額が一定額以上であれば、ゼロ円で済みます。

続きを読む

(C) 2009 証券CFD取引