証券CFDの特徴 ,スワップ金利




証券CFDの特徴には、「スワップ金利」が受け取れるというメリットがあります。

スワップ金利とは、2種類の異なる通貨を売り買いするときに、発生する金利差のことを指します。

オーストラリアドル円を用いてスワップ金利を説明すると、現在1オーストラリアドル(豪ドル)=100円の場合、100万円の資金で1万豪ドルを購入するとします。

金利は、豪ドルが7%、日本円が0.5%だと仮定します。

為替では、1万豪ドルは100万円ですが、日本円のままで1年間置いておくと、100万円×0.5%の金利=5千円の利益が発生します。

続きを読む

(C) 2009 証券CFD取引